おうらい日和更新しました。(2/15)
TOPページご案内更新 (2/15)
3月関連舞台告知動画UP (2/10)
芸術鑑賞会・演劇ページ更新しました。(2/14)

外部出演のご案内
要冷蔵・谷村真弓

大阪劇団協議会フェスティバル
45周年記念合同公演

「築地にひびく銅鑼」に参加出演 3/8〜3/11 ABCホール

古代ギリシャかで演劇が花開いて約2500年。それを起源とする西洋演劇が日本に輸入され、新劇と名乗り、築地小劇場において銅鑼の音とともにその歴史が始まったのは1924年のこと。その銅鑼を叩いたのは後に不世出の名優と言われた丸山定夫。1923年震災により焦土と化した東京で、築地小劇場の研究生として、新劇の誕生とともに青春を生き、俳優としてまた一生活者として、時代のながれに煩悶する。新劇は時の権力に翻弄され、丸山は広島慰問で原子爆弾の犠牲となる。
「築地に響く銅鑼」は丸山を中心に据え、新劇創成期の演劇にかける若者たちの青春群像を第一幕として、時代に抗い苦悶するすがたが第二幕として、ドキュメンタリー・タッチで描かれる。私たちは今再び、それらの時代を検証することを迫られてるのではないだろうか。
大阪新劇団協議会がいつの間にか新が取れて大阪劇団協議会となり、かつてはアンチ新劇の先鋒であったとみなされていたはずの私が演出を受け持つ。新たな銅鑼の音がABCホールに響き渡ることになる。そんな予感に武者震いがする。  演出・キタモトマサヤ

チケットのお問い合わせは劇団往来制作部 06-6945-4653

→大阪劇団協議会合同公演HPはここをクリック

往来presents‼️のご案内
清水宏の世界を笑わせろ ロシア編 〜ロシアよりホワィをこめて〜

■作・演出・出演 清水宏
■日時・3/24(土) 15:30開演

■会場・スペース9(ナイン) あべのハルカス近鉄本店ウィング館9F
■料金・前売り¥3500,当日¥4000
■取り扱い・劇団往来06-6945-4653 (制作部)
■フェィスブック・Twitterにメッセージいただきお申し込みも可能です!
———————————
今回はロシア〜〜⁉️
世界をまたにかける清水宏のハイテンションコメディが2018年も
大阪にやって来まーす‼️
ホントに寒い日が続きますが、清水宏をみて熱くなれ〜‼️
笑って笑って最後にはガツンと胸にくる、勇気とバカのエンタテインメント‼️


大阪府立大型児童館ビッグバンにて
3月11日(日)【ヘンゼルとグレーテル】

お子様対象ですが親子連れで楽しめる歌あり踊りあり
ほっこりできる内容になってますよ。
この大型児童館ビッグバンはほかにも遊べて学べて
楽しい空間になってますよー‼️
一度遊びに来てくださいね〜
3月11日(日)
①13:00. ②14:30(上演時間各30分)
料金 ビッグバン入館料 + ¥100
大阪府立大型児童館ビッグバン
〒590-0115 大阪府堺市南区茶山台1丁9番1号
TEL 072-294-0999
泉北高速鉄道・泉ヶ丘駅より約200m


次回公演のお知らせ

座長・悩んでおります。二月中にはご案内できるようにすると言うとります。

話し合い中LinkIcon

芸術鑑賞会作品のご案内

現在、詳細ページは随時追加中です。ご迷惑おかけしております。

芸術鑑賞TOPLinkIcon

「チンチン電車と女学生」おかげさまで無事終了

12月02日〜03日大阪 東京芸術劇場プレイハウスにて、公演させていただいた「チンチン電車と女学生」にご来場いただきましてありがとうございました。皆様のお陰で事故も無く無事終演することができました。
いろいろ不慣れなところもあり、ご迷惑やご心配おかけしましたが、たくさんのお客様にご来場いただいき
それもこれもたくさんのお客様に支えてくださったおかげだと感謝の気持ちでいっぱいです。
そしてcastの皆さま、たくさんのスタッフ、各プロダクションの関係者の皆さま、大阪からかけつけてくださった方々、そしてなによりも広島電鉄、広島電鉄関連会社、広島県人会の方々に本当にご支援、ご協力いただきなんとか無事終わりましたことを心より御礼申し上げます。本当に皆さま無しではできなかった公演だったと思います。
これを機にさらにこの【チンチン電車と女学生】のメッセージをこれからも伝えて行きたいと思っております
本当にありがとうございました。
劇団往来一同

座長あいさつ

要冷蔵(かなめれいぞう)

1984年結成以来「演劇はカーニバルだ !! 芸術は場数だ !!」を合言葉に様々なジャンルの作品を上演しています。本公演、芸術鑑賞用作品の上演に加え、企業・各団体からの依頼を受けて制作するオリジナル演劇など上演なども行なってきました。そして劇団員の活動は舞台公演に限らず、映画・テレビ・ラジオ等に活動の場を広げております。これからも劇団員一同、初心忘れず頑張ってまいりますので、応援・お力添えよろしくお願いします。

公演レポート

2016年12月・夏のない年

2016年4月・赤いハートと青い月

2016年12月・アクトレス

2016年10月・丘の上の綺羅星

2017年6月・リサの瞳の中に