六月公演告知最新版(4/6)
NEW・ゴールデンウィーク吉本新喜劇・祇園花月のお知らせ (3/08)
劇団往来次回公演告知(3/19)
憲法ミュージカルからのお知らせ(3/19)

劇団往来"のLINE@はじめました!

公演情報やお得な情報をお届けしますので、
下記のリンクから友だち追加してみてください。

https://line.me/R/ti/p/%40euf8021f


劇団往来第48回公演
第42回大阪春の演劇まつり参加🔸関西俳優協議会新人研修事業参加

「安楽兵舎VSOP」

この作品は劇団往来では1995年、2003年に上演し大好評の舞台です。
■作/ジェームズ三木 演出/鈴木健之亮 総指揮/森川英雄
■日時/2018年6/14(木)19:00
        6/15(金)19:00
6/16(土)13:00、17:00
6/17(日)11:00、15:00
■会場/大阪ビジネスパーク円形ホール
    地下鉄鶴見緑地線「ビジネスパーク駅」4番出口
■料金/一般前売券¥4000(当日¥4500)学生前売券¥3000(当日¥3500)
■全席自由席(日時要予約)🔹開場は開演の30分前🔸未就学児のご入場はご遠慮ください。
■チケット取り扱い
 ●チケットぴあPコード 485-815
 ●Corich http://stage.corich.jp
 ●劇団往来チケット予約ticket@ourai.co.jp
■出演
要 冷蔵・あいはらたかし・川口透・つじお・辻本浩明・谷村真弓・具志堅まり・美砂まり
北小路まな・宇咲めぐみ・峯村純一・井田國彦・河合美智子・乃木貴寛・他多数

舞台美術/阪本雅信舞台図面/青木脩ニ照明/坂本 浩(エムズ・ディープ)音響/荒川祐次(Last Cue)大道具/アトリエ往来宣伝美術/中島桃太郎制作/北川福太郎、下野創
協力officeみねらるらむね、ステージ&アーツブレインズカンパニー、ミュージカルスクールステージ21、スリーベイシス、ソウルダム、舞夢プロ

お問い合わせ劇団往来06-6945-4653



前回2003年近鉄小劇場での公演写真
劇団往来の本公演いよいよ決定しました‼️この作品は1995年、2003年と劇団往来で上演し15年振りの再演です。

あらすじ

そこは近未来の日本、自衛隊は70歳以上の人間で構成されている。師団には糖尿部隊、痛風部隊、リウマチ部隊、高血圧部隊、ぼけ部隊などなどがあり、隊員たちは整った設備で医療を受けつつ充足した毎日を送っている。そのなかの糖尿部隊がストリップショーを部内で企画したからさあたいへん、婦人部隊(当然70歳以上)からクレームは出るは、書類は通っていると男は譲らないは、担当医師の啓子と自衛隊広報官の小坂の仲に亀裂は入るは、待ちに待った当日もすんなり行くはずがなく・・・

作/ジェームズ三木の紹介

脚本・演出家。1935年6月10日、旧満州奉天(瀋陽)生まれ。大阪府立市岡高校を経て、53年俳優座養成所入所。以後テイチク専属歌手などを経て脚本家に。85年NHK連続テレビ小説「澪つくし」で視聴率55%を記録。同作品で日本文芸大賞脚本賞(86年)、「憲法はまだか」「存在の深き眠り」で放送文化基金賞脚本賞(97年)、NHK放送文化賞(99年)など受賞多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 『片道の人生』より

要冷蔵

あいはらたかし

谷村真弓

川口透

大阪春の演劇まつりのHP → ここをClick

安楽兵舎 VSOP
2018年6月 大阪円形劇場

詳細会議中LinkIcon

芸術鑑賞会作品のご案内

現在、詳細ページは随時追加中です。ご迷惑おかけしております。

芸術鑑賞TOPLinkIcon

「チンチン電車と女学生」おかげさまで無事終了

12月02日〜03日大阪 東京芸術劇場プレイハウスにて、公演させていただいた「チンチン電車と女学生」にご来場いただきましてありがとうございました。皆様のお陰で事故も無く無事終演することができました。
いろいろ不慣れなところもあり、ご迷惑やご心配おかけしましたが、たくさんのお客様にご来場いただいき
それもこれもたくさんのお客様に支えてくださったおかげだと感謝の気持ちでいっぱいです。
そしてcastの皆さま、たくさんのスタッフ、各プロダクションの関係者の皆さま、大阪からかけつけてくださった方々、そしてなによりも広島電鉄、広島電鉄関連会社、広島県人会の方々に本当にご支援、ご協力いただきなんとか無事終わりましたことを心より御礼申し上げます。本当に皆さま無しではできなかった公演だったと思います。
これを機にさらにこの【チンチン電車と女学生】のメッセージをこれからも伝えて行きたいと思っております
本当にありがとうございました。
劇団往来一同

座長あいさつ

要冷蔵(かなめれいぞう)

1984年結成以来「演劇はカーニバルだ !! 芸術は場数だ !!」を合言葉に様々なジャンルの作品を上演しています。本公演、芸術鑑賞用作品の上演に加え、企業・各団体からの依頼を受けて制作するオリジナル演劇など上演なども行なってきました。そして劇団員の活動は舞台公演に限らず、映画・テレビ・ラジオ等に活動の場を広げております。これからも劇団員一同、初心忘れず頑張ってまいりますので、応援・お力添えよろしくお願いします。

公演レポート

2016年12月・夏のない年

2016年4月・赤いハートと青い月

2016年12月・アクトレス

2016年10月・丘の上の綺羅星

2017年6月・リサの瞳の中に